デトランスα ワキガ

デトランスαのワキガへの効果とは|使い続けると臭わなくなる?

デトランスα

 

デトランスαは海外製の強力な制汗剤として人気ですが、ちょっとした脇汗対策や多汗症だけでなく、ワキガにも効果を発揮してくれます。

 

 

日本製の制汗剤ではワキガに効かなかったけれど、デトランスαを使ったら汗とともにみるみる臭いもなくなったという方はたくさんおられます。

 

 

では、デトランスαはどのようにしてワキガ臭を抑えているのでしょうか?

 

 

効果はどれくらい期待できるのかなど噛み砕いてご紹介していきますので、デトランスαでワキガ対策を考えておられる方は参考にしてみてください。


デトランスαのワキガへの効果とは?どうやって臭いを抑えている?

クエスチョン

 

デトランスαの効果を見る前に、ワキガ対策に必須の作用をご紹介しますね。

 

 

デオドラントを使ったワキガ対策には以下の4作用が必要とされています。

 

  • 殺菌効果
  • 制汗効果
  • 保湿効果
  • 抑臭効果

 

ワキガ臭はアポクリン汗腺より出た汗を皮膚の常在菌が分解することで発生していますので、メインは殺菌と制汗効果になり、この2つの作用を繰り返すことで抑えていきます。

 

 

ただ、殺菌と制汗だけを繰り返していても、その成分は本来身体にないものなので、いくら安全性が優れていても肌には異物になってしまいます。

 

 

そのため、肌を労わる必要があるのですが、そのときに活躍するのが保湿効果で、殺菌と制汗で頑張った肌を保湿により保護していきます。

 

 

保湿をすることでより長く殺菌と制汗が継続できるんですね。

 

 

ですが、これだけではまだ足りなくて、汗も雑菌も24時間完全に抑えることは不可能なので、いくら対策が完璧でもいくらかは臭ってしまうこともあります。

 

 

そんなときに活躍するのが抑臭効果となり、わずかな臭いも逃さず吸収することで臭いを抑えてくれます。

 

 

つまり、殺菌・制汗・保湿・抑臭効果があることでワキガ臭の元を抑えつつ、たとえ臭いが発生してしまったとしても吸収することで抑えることができるのです。

 

 

ここでデトランスαについて見てみましょう。

 

 

デトランスαの有効成分は「塩化アルミニウム」になります。

 

 

塩化アルミニウムは汗と混じり合うことで結晶を生成し、物理的に汗腺に蓋をして汗を止めてくれます。

 

 

つまり、塩化アルミニウムのメイン作用は制汗効果になるのですが、ワキガ対策には殺菌・保湿・抑臭作用も必要なので、効果として足りないんですね。

 

 

デトランスαには殺菌や保湿効果もわずかにありますが、ほとんど感じることはできません。

 

 

臭いを吸収する抑臭作用については全くなく、デトランスαは制汗のみに特化していると言えます。

 

 

理想は汗と雑菌をともに抑えることですが、デトランスαのように汗だけを抑えてもワキガ臭を抑えることはできます。

 

 

ただ、やはり制汗だけを繰り返しているといつかは肌が参ってしまい、効きにくくなりますので、デトランスαのワキガ対策では肌荒れが起こりやすいという特徴があります。

 

 

  • 推奨されるワキガ対策は殺菌・制汗・保湿・抑臭を繰り返す
  • デトランスαはワキガ臭を制汗対策のみで抑えている

 

と覚えておいてください。


デトランスαは使い続けると効果が伸びてくる?

デトランスα普通肌用

 

デトランスαを使い続けると次第に効果が伸びてくると聞きますよね。

 

 

これは確かに本当で、毎日塗らなくても効果が弱まったタイミングで継続して塗ることで制汗の持続時間も伸びていきます。

 

 

ただ、これには一つ注意点があって、デトランスαの効果の延長はあくまでも「ケアを継続していれば」となり、止めてしまった場合には効果は全く感じなくなってしまいます。

 

 

塩化アルミニウムによる汗腺の蓋は肌のターンオーバーや代謝とともになくなりますので、使い続けると脇の制汗作用そのものがパワーアップするというわけではないのです。

 

 

あくまでデトランスαの効果は塗っている限りは伸びていくという意味合いになりますので、ここを誤解しているとガッカリしてしまうことにもなりかねません。

 

 

長く使っていたのに使うのを止めたら元通り臭い出してショックを受けた…ということのないように気を付けてくださいね。


ワキガ臭を減少させるならデオシークがおススメ

デオシーク

 

デトランスαは効果も素晴らしくワキガ臭も抑えてくれるデオドラントですが、扱い方が難しいのと肌荒れが起こりやすい点がデメリットですよね。

 

 

使い続けて止めてしまってもワキガ臭そのものがなくなるわけではありませんので、ずっと継続しないといけない辛さがあります。

 

 

でも、ワキガ対策用に開発されたデオシークなら、デトランスαが叶えられなかった

 

  • 肌荒れの心配がない
  • 殺菌・制汗・保湿・抑臭効果を網羅
  • 使い続けて止めてしまってもワキガ臭が臭わない

 

というメリットを全て感じることができます。

 

 

デトランスαはトータルケアのデオドラントとなり、クリームとボディソープ、サプリメントでワキガ対策にアプローチしていきます。

 

 

身体の内側と外側を同時に毎日対策していくんですね。

 

 

デオシークの素晴らしい点は、クリームだけでなくボディソープも医薬部外品になりますので、厚生労働省から効果と安全性が認められていることです。

 

 

ボディソープが医薬部外品のデオドラントはワキガ対策では初となるほどレアとなっています。

 

 

デトランスαはあくまでもケアを継続していなければ汗と臭いを抑えることができませんが、デオシークなら将来的に止めてしまっても臭いは減少したままになります

 

 

これはケアを繰り返すことで脇に住むワキガ菌の絶対数が減少するためです。

 

 

この点がデトランスαとは決定的に異なる点になります。

 

 

ですので、都度対策で臭いを抑えるならデトランスα、将来的に臭わなくなりたいならデオシークがおススメになります。

 

 

対策に正解はなく目的によってどちらが合っているかは人によって異なりますので、これからのワキガ対策と生活スタイルに合う方をご利用されると良いと思います。

 

 

多汗症、ワキガ対策にデトランスα!詳細を確認してみる→

 

 

塗っていなくても臭わなくなるデオシーク!詳細を確認してみる→