デトランスα 効かない人

デトランスαが効かない人の共通点とは|もしかして肌荒れしていない?

デトランスα

 

デトランスαは海外製の強力な制汗剤のため、日本製で効いていたのなら間違いなく効果は実感できるはずです。

 

 

ですが、使い方や肌状態によっては口コミを見て期待したほどの効果は得られず、ガッカリしてしまうかもしれません。

 

 

そこでこちらでは、デトランスαを使っていても効かない人の共通点をまとめてみました。

 

 

ご紹介する内容を意識するだけで、嘘のように制汗効果を実感することができますので、ぜひ参考にしてみてください。


デトランスαが効かない人の6つの共通点

指をさす女性

 

デトランスαの口コミや実際に使用した感想をまとめると、効かないという人は以下の共通点が見られることがわかりました。

 

  • 肌荒れしている
  • 脇を清潔にしていない
  • 乾かしていない
  • 汗腺の蓋が上手くつくれていない
  • 塗った後に洗い流していない
  • 体質的に合わない

 

一つ一つ解説していきますね。

 

肌荒れしている

 

脇の肌荒れ

 

デトランスαに関わらず制汗剤なら全てに言えることなのですが、肌が荒れていると制汗成分が上手く働いてくれませんので、デトランスαも効きにくくなります。

 

 

デトランスαは強力なので、すでに肌荒れしている上から塗ることでさらに深刻な問題となり悪化してしまいます。

 

 

ですので、肌が荒れている状態ならまずは保湿を行って肌を整えてからデトランスαを使用するようにしましょう。

 

 

肌荒れが治ればデトランスαも効いてくれるはずですよ。

 

脇を清潔にしていない

 

デトランスα公式サイトの値段

 

デトランスαの有効成分は塩化アルミニウムです。

 

 

この塩化アルミニウムは汗と反応することで汗腺に蓋をして制汗するのですが、すでに汗や不純物が脇にある状態で塗ってしまうと、上手く蓋が形成されなくなってしまいます。

 

 

これを防ぐには事前に脇を清潔にしておくことが大切で、「石鹸」や「ボディソープ」でケアしておく必要があります。

 

 

殺菌効果のある制汗シートなどで拭いても良いですが、乾燥してしまいがちなのでそれであれば「濡れたタオル」で拭いてあげる方が望ましいです。

 

 

これはワキガクリームの2度塗りでも実践されている方法になりますので、デトランスαにも有効的なケア方法になります。

 

乾かしていない

 

脇を濡らした女性

 

デトランスαは液体のロールオンタイプになりますので、塗った直後に衣類を着用したり活動してしまうと脇の成分が付着してしまうこともあります。

 

 

ですので、デトランスαを塗ったあとは少し活動を停止して乾かす時間をつくることも大切になります。※デトランスαは塗りすぎなければすぐに乾きます。

 

 

また、デトランスαは夜の就寝前の利用に限られていますのでお風呂上りに塗ることが一般的ですが、脇が乾いていない状態で塗っている方もおられるようです。

 

 

脇が濡れているとデトランスαを塗っても成分が薄まってしまいますので、塗る前の脇も必ず乾かしてから使用するようにしましょう。

 

 

汗腺の蓋が上手くつくれていない

 

デトランスαの蓋

 

デトランスαは塩化アルミニウムの反応により汗腺に蓋をつくって物理的に汗を止める制汗方法になります。

 

 

そのため、この蓋がつくれていないと全く制汗することができません

 

 

デトランスαは毎日塗るタイプのデオドラントではなく、1度塗ると数日は塗らなくても良いタイプになりますので、しばらく日数をあけるケア方法はとても大切になります。

 

 

なぜなら、肌を休めずに毎日塗っていると確実に肌荒れしてしまうからです。

 

 

ですが、利用初期のみ日数をあける使い方ではなく2~3日連続して塗ることで、汗腺の蓋もつくりやすくなります。

 

 

デトランスαは1度塗るだけでは完全な蓋はできづらいんですね。

 

 

1度蓋が出来てしまうと2度目からは効果が弱まってきたタイミングで塗ってあげればスムーズに制汗効果が戻りますので、初期利用のみ連続して塗る心がけが必要になります。

 

 

塗った後に洗い流していない

 

脇を洗う女性

 

デトランスαは夜の就寝前に塗ると翌朝には洗い流す必要があります

 

 

これを洗い流さずに放置していると肌荒れになりやすいというリスクがあります。

 

 

肌荒れになると成分も上手く浸透してくれませんので、これが積み重なるとどんどん効きにくくなってしまいます。

 

 

「洗い流すと制汗効果が弱まってしまうんじゃないの?」

 

 

と思われるかもしれませんが、一度出来た蓋は簡単には落ちませんので、洗ってしまっても大丈夫です。

 

 

デトランスαの制汗作用は強力なので、そこを心配するよりも肌への労わりに力を入れた方が長く使い続けられるようになりますよ。

 

体質的に合わない

 

デトランスα普通肌用

 

デトランスαの塩化アルミニウム濃度は日本の規定値のおよそ倍が配合されています。

 

 

そのため合っていれば効かないということは少ないのですが、合わない場合は副作用が強く出てしまうこともあるようです。

 

 

例えば「金属アレルギー」などが起きてしまい、痒みやかぶれが強く出てしまうことがあります。

 

 

金属アレルギーは現代では特に珍しいアレルギーでもありませんので、サッと諦めて金属類が配合されていないデオドラントを使用されると良いですね。

 

 

落胆せずにどんどんチャレンジしていきましょう。

 

 

私でいうとデオシークという臭いケアのデオドラントが身体に優しくつくられていておススメできますので、デトランスαが合わない方は使われてみても良いかもしれません。

 

 

クリームだけでなくボディソープも医薬部外品の珍しいタイプのデオドラントになりますので、効果的に汗と臭いを抑えてくれますよ。

 

 

臭い対策にデオシーク!詳細を確認してみる→


デトランスαは公式サイトが最安値

デトランスα公式サイトの値段

 

デトランスαは海外製の制汗剤のため日本ではリアル店舗では販売されておらず、ネット販売のみとなっています。

 

 

ではどこなら最安値で購入できるのかというと、デトランスαを輸入しているユーアップが独自に設けているデトランスα公式サイトとなっています。

 

 

デトランスα公式サイトで購入すると、以下の2つの特典を受けることができます。

 

  • 定価4800円が2900円に割引
  • 敏感肌用も無料プレゼント

 

デトランスα普通肌用は公式サイトでのお求めに限り、1900円オフの2900円にて始めることができます。

 

 

初めて利用される方は特に出費を抑えたいと思いますので、お試ししやすいのではないでしょうか。

 

 

また、デトランスα普通肌用よりマイルドな効果で肌に刺激になりにくい敏感肌用も無料プレゼントしてもらえますので、今後のケアの方針が立てやすくなるメリットもあります。

 

 

これらの特典を受けられるのはデトランスα公式サイトだけなので、初めて利用される方はみんなこちらから購入されています。

 

 

今回学んだデトランスαの使い方を参考にして制汗対策を頑張ってみてください。

 

 

塗った翌日から脇汗が止まるデトランスα!詳細を確認してみる→