デトランスα 効かない

デトランスαが効かない、効果ないって本当?使い方を見直してみよう

デトランスα

 

デトランスαは最強の制汗剤ですが、いざ使ってみても「効かない」、「効果ない」、「悪化した」という方もおられます。

 

 

人によって体質は異なりますのでみんなに合う制汗剤はありませんが、もしあなたが使い方や認識を間違えているならそれを正すことで一気に効果を実感できるかもしれません

 

 

そこでこちらでは、デトランスαが汗を抑えるメカニズムや正しい使い方、どうして効かなくなってしまうのかなどをお伝えしていきます。

 

 

これを読むだけでデトランスαの全体像がわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。


デトランスαが汗を止めるメカニズムとは

デトランスαの蓋

 

まずはデトランスαが汗を止めるメカニズムをご紹介しますね。

 

 

デトランスαは「塩化アルミニウム」という有効成分が配合されているのですが、これを脇に塗ることで汗腺から出る汗をシャットアウトする蓋が生成されるようになります。

 

 

つまり、汗腺を閉じる蓋が物理的に汗を抑えているため制汗できているというわけです。

 

 

ですので、薬局で販売されている市販のスプレーのようにシュッと吹きかけたらすぐに爽快感や臭い、脇汗が引いてくるというものではなく、蓋をつくる時間が必要になるんです

 

 

そのためデトランスαは「夜の就寝前利用」に限られています。

 

 

この原理を理解していないと市販の制汗剤のように汗が気になったときに使ってしまう都度利用になり、効果を上手く引き出せませんので注意してください。

 

 

では、デトランスαが汗腺の蓋を上手くつくれるように、また脇への刺激を抑えつつ長く使い続けられるようにするにはどのようなケア方法が適しているのでしょうか?

 

 

効かないという方は使い方を見直すことで改善する場合が多いので、しっかりと覚えていってくださいね。

 

※汗腺に蓋ができたら汗はどこに行くんだろう?身体に悪くないのかな?と思われている方もおられるかもしれませんが、汗腺で止まった汗は尿として排出されたり、別の部位から出るようになりますので、身体に悪影響ということはありません。


デトランスαが効かないときは使い方を見直してみよう

指をさす女性

 

デトランスαが効かないときは、以下の使い方で過ごしてみてください。

 

  • 夜の就寝前利用を徹底する
  • 脇を清潔にして塗り翌朝は洗い流す
  • ロールオンで直接塗らずコットンを使用する
  • 塗りすぎないこと
  • しっかりと乾かす
  • 使用初期は連続で、その後は数日に1回にする
  • 効果がなくなってからではなく弱まったら塗る

 

これだけではわからないと思いますので、1つずつ解説していきますね^^

 

夜の就寝前利用を徹底する

 

脇を休める女性

 

ご存知のように、デトランスαは夜の就寝前利用に限られています。

 

 

塩化アルミニウムが配合されているタイプの制汗剤は汗腺に蓋をすることで制汗していますので、夜の利用になることが多いですね。

 

 

なぜ夜なのかというと、それは汗腺に蓋をするには時間がかかるので、なるべく安静にしておく必要があるからです。

 

 

日中で活動していると脇も激しく動かしがちなので、上手く蓋が生成されないんですね。

 

 

この使い方はデトランスα公式でも推奨されているのですが、少しでも早くなりたい思いから日中も使っている方がおられるようです。

 

 

でも日中に使っても塗って即効で制汗できるタイプではなく、意味はありませんのでこの使い方は守るようにしましょう。

 

脇を清潔にして塗り翌朝は洗い流す

 

脇を洗う女性

 

塩化アルミニウムは「痒み」や「かぶれ」が起きやすい有効成分になります。

 

 

そのため、翌朝はしっかりと洗い流すようにしてください。

 

 

これはデトランスαを使い続けるためにも必要なケアになります。

 

 

朝方だと通学、出勤の準備などで忙しいかもしれませんが、洗い流さないと肌状態が悪化してデトランスαが効きにくくなってしまいます

 

 

効かないと言われている方はこの工程を飛ばしている方がおられるのかもしれませんね。

 

 

翌朝のケア方法はあくまでも「洗い流す」です。

 

 

殺菌効果のある制汗シートで拭き取る方が手軽で良いかもしれませんが、余計に肌を乾燥させて肌荒れにつながるおそれがあります。

 

 

制汗シートを使うくらいなら「濡れたタオル」で拭き取る方が肌にとっては衛生的で優しいので、時間がない方はタオルを濡らして拭き取るようにしましょう。

 

 

※濡れたタオルで拭く方法はデオドラントを販売しているカスタマーに直接聞いた方法になりますので確かなケア方法になります。

 

ロールオンで直接塗らずコットンを使用する

 

コットン

 

デトランスαはロールオンタイプの制汗剤です。

 

 

そのため直接脇に塗ることができるのですが、肌の強さに自信がない方や敏感肌体質の方は直接塗ると肌荒れしてしまうリスクが高まります。

 

 

そのため、直接塗らずに「水を浸したコットンにデトランスαを含ませてパッティング」する方法を試してみてください。

 

 

この方法の良いところはデトランスαの濃度を薄めて肌への刺激が抑えられること、そしてロールオンは雑菌が入りがちですが、コットンなので雑菌混入のリスクがないことになります。

 

 

デトランスαは肌荒れしてしまうと効かなくなりますので、少しでも長く使い続けるためにはこの方法はおススメです。

 

塗りすぎないこと

 

脇に塗る女性

 

ロールオンタイプって塗っていると気持ちよくてついつい塗りすぎてしまうこともありますよね。

 

 

でも、デトランスαの成分は強力なのであまりに塗りすぎてしまうと肌荒れのリスクが高くなり、蓋がつくられるより先に肌が参ってしまって効かなくなることがあります。

 

 

そのため必ず汗が抑えられる適量のみを塗るようにしましょう

 

 

適量といっても初めのうちはわからないと思いますが、「多く塗って徐々に減らす方法」よりも「少しずつ塗る量を増やす方法」の方が肌への刺激も少ないです。

 

 

デトランスαは塗りすぎで効かなくなった方もおられますので、注意してくださいね。

 

しっかりと乾かす

 

脇を濡らした女性

 

デトランスαを塗る際には、

 

  • 塗る前の脇を乾かしておく
  • 塗った後に乾かす

 

ことを意識してみてください。

 

 

デトランスαは夜の就寝前利用のためお風呂上りに塗ることが多いのですが、脇が乾いていなく水分が付着した状態で塗っていると成分が上手く浸透してくれない恐れがあります

 

 

また、脇が乾いた状態で塗っていてもデトランスα自体が乾いていないとパジャマを着た際に付着してしまいますので、塗ってから乾かすことも大切です。

 

 

忘れずに覚えておいてくださいね。

 

 

使用初期は連続で、その後は数日に1回にする

 

デトランスαの持続性

 

デトランスαは毎日塗るタイプの制汗剤ではなく、1度塗ると数日はあけて良いタイプのデオドラントになります。

 

 

そのため始めから数日あける方もおられるのですが、全くの使用初期の場合は連続して塗る必要があります

 

 

というのも、デトランスαの汗腺の蓋は初期利用の1回のみで形成されるわけではなく、数回塗らないと上手く生成されません。

 

 

始めから日数をあけてしまうと蓋ができるまでに時間がかかって「デトランスαは効かない」となりますので、始めのみ2~3日連続して塗るようにしましょう。

 

 

効果がなくなってからではなく弱まったら塗る

 

デトランスα

 

 

デトランスαを使用する際のちょっとしたテクニックになります。

 

 

使用初期のみ連続で塗らないといけないとお伝えしましたが、一度汗腺の蓋が出来上がるとその後の数日間は何もしなくても制汗効果は持続していきます。

 

 

ただ、汗腺の蓋は肌のターンオーバーや自然排出などでいずれはなくなってしまいます。

 

 

完全に効果がなくなってから塗るとまた一から連続して塗ることになってしまい、初期利用と同じことになりますので、これではもったいないです。

 

 

肌にも刺激になりますので良いことは一つもありません。

 

 

これを防ぐには効果が弱まったタイミングで再度塗る方法がおススメで、「最近ちょっと汗が出てきたな」と思ったときにデトランスαをひと塗りしてみてください。

 

 

これだけでさらに数日デトランスαの効果は持続しますので、とてもおススメな方法になります。

 

 

以上がデトランスが効かないときに試したい使い方になります。

 

この方法を実践すれば少なくとも効果がないということはありませんので、自信をもっておススメすることができます。

 

ぜひ実践してみてくださいね。


塩化アルミニウム配合の制汗剤を使ったことがある方へ

制汗剤

 

ご紹介したデトランスαの使い方をマスターしてもデトランスαが効かないという方は、もしかして塩化アルミニウムの制汗剤を過去に使っていませんでしたか?

 

 

デトランスαではよくあることなのですが、塩化アルミニウムに耐性が出来てしまって突然効かなくなってしまったという方が一定数おられます。

 

 

デトランスα自体は初めてでも、海外製の制汗剤で塩化アルミニウム配合のものを使われていた場合には耐性がついている可能性があります。

 

 

見極めは難しくなりますが心当たりがおありならデトランスαは諦めて、塩化アルミニウム以外の制汗剤を使用されるようにしてください。

 

 

このまま使い続けても肌が荒れるだけで良いことは一つもありませんので注意が必要です。

 

 

株式会社ハーバーリンクスジャパンより販売されている「リサラ」ならお客様と一緒に開発した肌に優しい制汗剤なのであなたにも合うかもしれません。

 

 

気になる方は覗いてみてください。

 

朝に塗ると1日中脇汗知らず!リサラの詳細を確認してみる→


デトランスαは公式サイトが最安値

デトランスα公式サイトの値段

 

デトランスαはデンマーク発の海外製の制汗剤になりますので、リアル店舗には販売されていないデオドラントになります。

 

 

ではどこなら最安値で買えるのかというと、それはデトランスαの輸入販売によりユーアップが運営しているデトランスα公式サイトになります。

 

デトランスα公式サイトなら、

 

  • 定価4800円が2900円
  • 敏感肌用もプレゼント

 

という特典を無料で受けることができます。

 

 

この特典は毎日100名様限定となりますが、毎日なのでほぼ確実に特典は受けられます。

 

 

初めて利用される方は少しでも出費は抑えたいと思いますので、以下よりお試しになってみてください。

 

最強デオドラントのデトランスα!詳細を確認してみる→