デトランスα クリアネオ

デトランスαとクリアネオの違いとは|ワキガ、多汗症に効くのはどっち?

デトランスαとクリアネオ

 

デトランスαとクリアネオは人気のデオドラントですが、どちらも良い口コミが多いのでどっちを使ったら良いか悩んでしまいますよね。

 

 

でも悩みは人それぞれなので、

 

  • 塗ってすぐ臭わなくしたい
  • 使い続けたいから使いやすさが気になる
  • 脇汗を徹底的に抑えたい
  • ワキガを臭わなくしたい
  • 肌に優しいデオドラントが欲しい

 

などなど、目的によってどちら適しているかの解答は異なってきます。

 

 

そこでこちらでは、あなたの悩みに応じた制汗剤を見つけられるようにデトランスαとクリアネオの共通点やと違いについてまとめてみました!

 

 

「今すぐにでもどちらか決めて試したい!」

 

 

という方は、これを読むことで双方の違いについてわかりますので、ぜひ参考にしてみてください。


デトランスαとクリアネオの比較してみた

指をさす女性

 

デトランスαとクリアネオはともに素晴らしいデオドラントとなっています。

 

 

以下の表は価格や効果などを網羅した比較表となっていますので、まずは目を通してみてください。

 

デトランスα

クリアネオ

製造国

海外

日本

定価

4800円

5980円

最安値

2900円

4980円

制汗剤タイプ

ロールオン

クリーム

医薬部外品

×

有効成分

塩化アルミニウム

イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛

保湿効果

使用方法

数日に1回就寝前利用

1日2回朝晩利用

使用部位

脇、手足(別売り)

全身

定期購入

一部あり

あり

返金保証

なし

即効性

内容量

20mL

30g

抑臭タイプ

翌日から制汗効果大

使い続けると臭わなくなる

安全性

肌荒れの危険性

非常に高い

 

 

表にして比較するとわかりやすいですよね。

 

それではデトランスαとクリアネオの共通点からご紹介していきますね。


デトランスαとクリアネオの共通点

デトランスαとクリアネオ

 

 

デトランスαとクリアネオの共通点は、

 

  • 「制汗の有効成分が配合されている」
  • 「塗るほど効果が高まっていく」

 

の2点になります。

 

 

制汗成分はデトランスαが塩化アルミニウム、クリアネオがパラフェノールスルホン酸亜鉛になります。

 

 

いずれも学術論文でも効果が認められている成分になりますので、信頼性は高いです。

 

 

また、デトランスαは塩化アルミニウムが汗と反応することで結晶化して汗腺に蓋をしますので、徐々にこの蓋が強固になっていくため塗るほど効果が高まっていきます

 

 

一方のクリアネオはイソプロピルメチルフェノールという殺菌の有効成分により脇の常在菌の絶対数を減少させることで、塗らなくても臭いづらい身体を実現していきます

 

 

デトランスαとクリアネオにはこの2点の共通点がありますので、覚えておいてください。


デトランスαとクリアネオの相違点

メリットとデメリット

 

デトランスαとクリアネオはタイプの異なったデオドラントなので、相違点に関してはとても多くなっています。

 

  • クリームとロールオンの違い
  • 目指すところの違い
  • 有効成分の違い
  • 認可取得の違い
  • 保湿効果の違い
  • 使用方法の違い
  • 使用部位の違い
  • 即効性の違い
  • 安全性の違い
  • 価格とサービスの違い

 

1つずつ解説していきますね。

 

クリームとロールオンの違い

 

医薬部外品のクリアネオ

 

デトランスαとクリアネオは制汗タイプが異なっています。

 

デトランスα
→ロールオンタイプ
クリアネオ
→クリームタイプ

 

となっています。

 

ロールオンタイプは取りだしたらすぐに脇に直接当てて塗ることができますので、手軽さがメリットになります。

 

 

ただ、ロールオン部分を毎回脇に当てますので、脇の雑菌が混入しやすく肌荒れにつながりやすいこと、そして液体なので流れやすいデメリットがあります。

 

 

一方のクリアネオはボトルプッシュ式のクリームタイプになりますので、ボトルを押すと必要な分だけが取り出される仕様となっています。

 

 

急いでいるときにでもサッと塗りやすいメリットがあり衛生的なので、デメリットがなく使いやすいタイプだと言えます。

 

 

クリームなので伸びやすく、水を弾く撥水(はっすい)作用もありますので脇に塗っても落ちにくいメリットもありますね。

 

 

目指すところの違い

デトランスαとクリアネオ

 

デトランスαとクリアネオは目指すところが異なっています。

 

デトランスα
→脇汗を抑える
クリアネオ
→臭いを抑える

 

デトランスαは臭いにアプローチしているわけではなく、とにかく脇汗を抑えることに特化しています。

 

 

脇汗を抑える効果は本当に素晴らしくなっていて、制汗効果は間違いなく感じ取ることができます。

 

 

おそらく史上最強です。

 

 

ただ、臭いについては制汗により収まっているだけなので、臭いを直接抑えられる抑臭成分が配合されておらず、汗腺の蓋がなくなると臭ってしまうデメリットがあります。

 

 

一方のクリアネオは、制汗・殺菌・保湿・抑臭効果のバランスを取りながら網羅的に臭い物質全体にアプローチしていきます。

 

 

そのため制汗効果だけを見るとデトランスαより緩やかになりますが、ワキガや加齢臭など臭いを抑える効果についてはトップクラスとなっています。

 

 

デトランスαとクリアネオで悩んでいる方は、

 

 

「臭いも気になるけど脇汗をなんとかしたい!」
「脇汗よりもワキガそのものを治したい!」

 

 

など悩みが微妙に異なっていると思いますので、一つ参考にしてみてください。

 

 

有効成分の種類の違い

 

医薬部外品のクリアネオ

 

デトランスαとクリアネオは有効成分の種類が異なっています。

 

デトランスα
→塩化アルミニウム(制汗)

 

クリアネオ
→イソプロピルメチルフェノール(殺菌)
→パラフェノールスルホン酸亜鉛(制汗)

 

 

デトランスαの塩化アルミニウムは制汗成分でトップクラスの効果を発揮してくれますが、その分刺激も感じやすく肌荒れになりやすいデメリットがあります。

 

 

クリアネオのイソプロピルメチルフェノールは制汗効果こそ塩化アルミニウムよりも緩やかですが、安全性に優れていますので脇を痛めにくい成分だと言えます。

 

 

また、クリアネオには殺菌成分のパラフェノールスルホン酸亜鉛も含まれていますので、汗を止めるアプローチではなく雑菌を殺菌することで臭いを抑える効果にも優れています。

 

 

この点はデトランスαの弱い部分なので、殺菌と制汗のダブルアプローチで臭いを抑えたいという方はクリアネオがおススメですね。

 

 

認可取得の違い

医薬部外品のクリアネオ

デトランスαは海外の制汗剤になりますので、日本で医薬部外品の認可が下りていないデオドラントになります。

 

※医薬部外品は厚生労働省から一定の効果と安全性が認められたデオドラントのことです。

 

一方のクリアネオは医薬部外品の認可を取得していますので、使い方が正しければどんな人が使っても一定の効果を期待することはできます。

 

とはいえデトランスαは塩化アルミニウム濃度が日本の規定値となる13%のおよそ2倍となる25%が配合されていますので、制汗効果が感じられないということはありません。

 

医薬部外品の認可取得は安心感につながりますので、気になる方はクリアネオ、気にならない方はデトランスαを選ばれると良いですね。

 

 

保湿効果の違い

医薬部外品のクリアネオ

 

デトランスαとクリアネオには双方とも保湿成分が含まれています。

 

 

ただ、デトランスαの保湿効果はほとんど期待することができず、気持ち入っているだけでほぼ入っていないと思っても良いかもしれません。

 

 

実際に使ってみるとわかるのですが、本当に保湿効果は感じることができません。。

 

 

デトランスαを使い続けると効かなくなってしまったという声はよく聞くのですが、これはまともな保湿ができずに制汗を繰り返し行っているからです。

 

 

一方、クリアネオに関しては保湿効果にも力を入れていますので、脇を労わりながらケアを継続することができます。

 

 

クリアネオは使い続けても脇を痛めることなく、効かなくなってしまうということもありませんので、敏感肌体質の方はクリアネオの方が良さそうですね。

 

 

使用方法の違い

脇を休める女性

 

デトランスαとクリアネオは使用方法が全くことなっていますので、注意しておきましょう。

 

デトランスα
→数日に1回就寝前の使用  

 

クリアネオ
→1日2回朝晩使用

 

デトランスαは1度塗ると数日は塗らなくても良いタイプのデオドラントです。

 

 

汗腺が一度できれば洗い流してもそうそう落ちませんので、2~5日間は塗らなくても制汗効果を発揮してくれます。

 

 

ただ、効果が落ちてきたと思っても日中に塗ることはできず、必ず就寝前の使用が推奨されています

 

 

塩化アルミニウムを使った制汗剤は夜の就寝時に塗るタイプが多くなりますね。

 

 

一方のクリアネオは朝晩2回塗ることができ、気になったときにでもその都度塗り直しをすることができます。

 

 

クリアネオを使っているとどんどん臭わなくなっていきますので、塗り続けていると2,3日に1回の使用になることも珍しくありません。

 

 

このように、デトランスαとクリアネオは使い方が大きく違っていますので気を付けてくださいね。

 

 

使用部位の違い

 

デトランスαは脇汗用や手足用など、身体の部位別に商品が分けられています。

 

 

そのため、脇汗と手足を同時にケアしたい場合には2種類のデトランスαを購入する必要があります。

 

 

一方のクリアネオはクリーム1本で全身に塗ることができますので、デトランスαよりも価格は割高になりますがコスパが良く使いやすくなっていますね。

 

 

即効性の違い

デトランスαの即効性

 

即効性が優れているのはデトランスαです。

 

 

デトランスαは初めて使用するときにだけ2~3日間連続して塗る必要があるのですが、汗腺の蓋が出来てしまえば心配になるくらい汗が出なくなりますので即効性はピカイチです

 

 

一方、クリアネオの即効性は緩やかで、塗り続けていると徐々に効果が発揮されていきます。

 

 

2週後より3週後、4週後の方が即効性を感じやすくなりますので、とにかく毎日塗り続けることが大切です。

 

 

ただ、デトランスαは汗腺に蓋をし続けないといけませんが、クリアネオは雑菌の絶対数を減らしていきますので、最終的には塗らなくても良くなっていきます。

 

 

つまり、長期的に見ればクリアネオの方が楽をすることができるというわけです。

 

 

今すぐに汗を抑えたいならデトランスα、長期ビジョンで対策するならクリアネオがおススメだと言えますね。

 

 

安全性の違い

クリアネオの安全性

 

デトランスαは海外製のデオドラントになりますので、あまり安全性には配慮されていません。

 

 

というのも外国人は安全性より制汗という目的達成を何よりも重視していますので、肌荒れについては二の次だからです。

 

 

「とりあえず汗が抑えられたらそれでいいや」という考え方なんですね。

 

 

「デトランスαは制汗効果が凄く良かったのに肌荒れしてしまって使えない…」という方も多くなっていますので、肌が強い方でないと使用は難しくなっています。

 

 

それに対してクリアネオは日本製になりますので、デリケートな日本人のために副作用の心配がなくつくられています

 

 

クリアネオで肌荒れをしたという方は1人も聞いたことがありませんので、敏感肌の方はクリアネオの方が良さそうですね。

 

 

価格とサービスの違い

デトランスαとクリアネオの価格

 

デトランスαとクリアネオの価格とサービスは以下の通りとなっています。

 

デトランスα

クリアネオ

定価

4800円

5980円

最安値

2900円

4980円

定期コース

一部あり

あり

返金保証

なし

あり

無料プレゼント

敏感肌用or消臭デオソープ

衣類消臭スプレー

 

 

最安値はデトランスαとなりお試ししやすくなっていますね。

 

 

クリアネオには定期コースがあるのですが、回数縛りがなくいつでも解約することができますので、こういった意味でクリアネオもお試ししやすいデオドラントだと思います。

 

 

デトランスαにはない返金保証もついていますので、効果が見込めなくてもクリーム代は返金してもらえます。

 

 

デトランスαは脇用の普通肌用を購入すると敏感肌用が、手足用を購入すると消臭デオソープがついてきますので、ほかのシリーズを試すことができるメリットがあります。

 

 

クリアネオは臭いを抑えるデオドラントなので衣類用の消臭スプレーが付属しています。

 

 

いずれも初めての方でもお試ししやすくなっていますので、ここに大きな差はないかなと思います。

 

※デトランスαの定期購入はユーアップ公式サイトにて申し込むことができます。
ただ、定期購入にすると4000円以上かかりますので、初めての方は最安値となるデトランスα公式サイトの方がお得となっています。


デトランスαとクリアネオは併用できるの?

クエスチョン

 

デトランスαとクリアネオが併用できるのか気になると思うのですが、結論をお伝えすると併用しても問題はありませんが、おススメはできないという答えになります。

 

 

クリアネオの販売会社に問い合わせたところ、以下の回答を得ることができました。

 

ほかのデオドラント商品と併用しても大丈夫ですか?

弊社の商品のみでもご満足頂けると思いますが、併用する際は弊社のクリームを先にご使用下さい。 また、同時にご使用いただきますと有効成分などが混ざり効果の半減につながる恐れがございます。お時間をずらしてのご使用をお願い致します。

 

このように仰っていますので、併用の使い方としてはクリアネオを先に使用することになります。

 

 

ただ、初回はこれで良くても、クリアネオを2度目に塗るときにはあまり意味がなくなってしまうのでおススメできないのです。

 

 

どういうことかというと、順番として

 

@クリアネオを塗る
Aデトランスαで汗腺に蓋をする
B翌日にクリアネオを塗る

 

のケア方法になりますが、Bで翌日にクリアネオを塗ったとしても、汗腺がデトランスαに塞がれていますので、クリアネオの成分が浸透してくれないデメリットがあるからです。

 

 

制汗対策をデトランスαに任せ、クリアネオで殺菌をするという考え方もありますが2度目、3度目は上から塗っているのでどこまで効果があるか未知数です。

 

 

結局クリアネオ販売店の「先に塗って下さい」は、デトランスαの効果が継続するという特性上、初回しか実現できませんので、クリームを無駄にしてしまう可能性があります

 

 

クリアネオは高価なクリームとなりますので、無駄遣いはしたくありませんよね。

 

 

こういった理由から、デトランスαとクリアネオの併用はおススメできなくなっています。

 

 

それでは最後にデトランスαとクリアネオそれぞれが向いている人をご紹介しますね。


デトランスαが向いている人

デトランスα

 

  • 即効で脇汗と臭いを抑えたい
  • ロールオンタイプが使いやすい
  • 日本の制汗剤が効かなかった
  • 臭いよりも汗が気になっている
  • 敏感肌用や消臭デオソープも試してみたい

 

デトランスαが向いている人は、日本製では効く制汗剤がなく、臭いよりも脇汗が気になるという方です。

 

 

そして、その汗を翌日にでも即効で抑えたいという方は特におススメできます。

 

 

制汗効果が強力なので、ワキガだけでなく多汗症の方にも向いていますね。

 

 

「とにかく汗を抑えたい!」という方は、デトランスα一択だと言えるでしょう。

 

 

手足用のデトランスα!今なら消臭デオソープ付き→

 

脇汗対策ならデトランスα!普通肌用の詳細を確認してみる→


クリアネオが向いている人

クリアネオ公式サイト

 

  • 流れ落ちないクリームタイプが良い
  • 脇汗よりもワキガ臭が気になっている
  • ボトルプッシュ式が衛生的で安心
  • 定期コースや返金保証を魅力的に思う
  • 最終的に塗っていなくても臭わなくなりたい

 

クリアネオが向いている人は、脇汗も気になるけれど、とにかくワキガ臭を抑えたいという方です。

 

 

敏感肌体質で肌に刺激を加えたくないという方にもおススメです。

 

 

殺菌・制汗・保湿・抑臭効果がありますので、肌を労わりながら効果的にワキガ臭を抑えることができます。

 

 

クリアネオはクリームタイプなので密着力が良く、継続するほど臭わなくなっていきます。

 

 

もし効果が見込めなかったり肌に合わなかったとしても返金保証がありますので、リスクなくお試しできる安心感があります。

 

 

クリアネオは最終的に臭わなくなりますので、ワキガ臭を抑えたい方は必須のデオドラントだと言えますね。

 

 

手術をしなくても臭わせない!クリアネオの詳細を確認してみる→